/

五輪開催契約をThink! 中林美恵子さんらミニ解説

日経電子版「Think!」は、各界のエキスパートが注目ニュースにひとこと解説を投稿する機能です。5月21~28日のニュースでは、早稲田大学教授の中林美恵子さんが「東京五輪の開催都市契約」について読み解きました。このほか「AmazonのMGM買収」「スキルマトリックス開示」といったテーマの記事に投稿が寄せられました。(投稿の引用部分はエキスパートの原文のままです)

「東京五輪の開催都市契約」関連ニュースをThink!

五輪開催契約、IOCに「全権」 中止なら日本が賠償も(5月27日)
IOC総会で再選され、記者会見するバッハ会長(3月、スイス・ローザンヌ)=IOC提供・共同
東京五輪・パラリンピックの開催について国内外で悲観論がやまない。そんな中、国際オリンピック委員会(IOC)と日本側が結んだ「開催都市契約」に注目が集まっている。
早稲田大学社会科学部教授 中林美恵子さん

中林美恵子さんの投稿】 今後の五輪のことも考えれば、コロナ禍を機に日本が国際社会に多くの問題提起をすることは決して無駄にはならないだろう。目の前の東京五輪には間に合わないかも知れないが、五輪とはどういうものかという理解が誘致国の市民に深まればリスクも共有できる。

誘致から現在に至るまでの日本の経験は、残念だが貴重なものだ。隠してしまっては世界や次世代への貢献にならない。スポーツが実はビジネスである以上、ハイリスク・ローリターンのケースもある。IOCの売り手市場ぶりを矯正するためにも、日本の積極的な情報開示が望まれているのではないか。

骨董通り法律事務所 代表パートナー/弁護士 福井健策さん

福井健策さんの投稿】 記事の「不可抗力」条項は、契約交渉の鍵です。これは双方やむを得ない事情で実施ができない状況を指し、当然、お互いに補償などは請求できない契約が通常です。ただ、果たして「開催が不可能か可能か」は解釈問題ですので、それだけでは結局もめます。

ここには様々な条文と解決策のバリエーションがあり、だからこそ国際契約は交渉が生命線です。相手が強大でもこれは変わりません。それを担う交渉人材という点では日本は全く遅れており、その養成をこの国の教育が怠って来たという課題は、大きいように思います。

「AmazonのMGM買収」関連ニュースをThink!

Amazon、「007」のMGMのみ込む 会員獲得合戦に拍車(5月27日)
米インターネット通販最大手アマゾン・ドット・コムが、米映画製作大手メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)の買収を正式に発表した。
丸紅執行役員経済研究所長 今村卓さん

今村卓さんの投稿】 アマゾンがホールフーズ・マーケットを買収したときに感じた斬新さ、新境地の開拓という印象をMGM買収には感じないことが気掛かりです。

ホールフーズ買収時には、アマゾンによる伝統的な食料雑貨市場の変革、プライム会員とホールフーズ顧客への新たな価値提供を期待できました。しかしMGM買収は、他のメディアと同様のコンテンツ囲い込みにみえて、既視感を覚えます。

とはいえ、アマゾンの創業者ベゾス氏が買収した名門紙ワシントンポストがDXに成功して経営悪化を脱し、全国メディアに躍進した例もあります。経営不振に陥りやすい映画老舗MGMが、今後アマゾンの協力を得て再生、変革できるのかの方に注目したいと思います。

「スキルマトリックス開示」関連ニュースをThink!

経営陣の能力一覧表、「スキルマトリックス」の開示迫る(5月28日)
国内の上場企業が経営陣の能力を一覧表にした「スキルマトリックス」の開示を迫られる。東京証券取引所が6月にも要請し、年内に提出が進む見通しだ。
リンクトイン日本代表 村上臣さん

村上臣さんの投稿】 近年リカレント教育やリスキリング(学び直し)が話題となっています。コロナ禍で従来のようなOJTや集合研修が難しくなったことや自分と向き合う機会が増えたことでキャリアやスキルの棚卸しを試みる方も増えたようです。

また、リモートワークやDXの推進の中で新しいツールも増えており、どう従業員のスキルをアップデートするのかも企業の課題となっています。ガバナンスコードの変更により経営者自身が自身のスキルと向き合うことは、まさに自分ごととして人材育成にどう取り組むかを深く考えるきっかけとなるでしょう。


Think!
平日のニュースに投稿がつく「Think!」。これまでの投稿のまとめ読みと、エキスパートのみなさんのご紹介は次のページから。

【投稿まとめ読み】
https://r.nikkei.com/topics/topic_expert_EVP00000
【エキスパート一覧】
https://www.nikkei.com/think-all-experts

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン