/

日経電子版の読み方 初めての人はここから読んでほしい

日本経済新聞の紙面や電子版には、記者や編集者が重要だと判断した記事を掲載しています。しかし「重要だ」と言われても、いきなりすべての記事を読むのはハードルが高いはず。このページでは初めての方にもオススメの読み方をご紹介します。

トップページで最新情報を見る

朝、仕事の前に最新のニュースを把握したいという方には、まず日経電子版のトップページ(https://www.nikkei.com)を見るのをオススメします。幅広い分野の記事から編集者が厳選したものをお届けしています。

新しいニュースが発生すると、トップページの記事を随時入れ替えます。朝方は朝刊でも大きく掲載した記事や海外ニュースが中心で、その後は株式市場の動き、政治・経済、企業ニュースが出てくる……といった具合にトップページは姿を変えていきます。夕方から夜にかけては翌日の朝刊紙面の記事の一部も配信されます。

その日、読者から注目を集めた記事はアクセスランキング(https://www.nikkei.com/access/)から見ることができます。仕事や就活の雑談で使えそうな話題を手っ取り早く仕入れたい人は、ここを見るといいかもしれません。

紙面は「前の面」「大きい記事」から

紙面の形式で読みたい方は、まず朝刊1面の記事を読むことをオススメします。紙面の形式の場合、1面に近い前の面(ページ)にある記事や、面積が大きくてリード文が用意された記事は、特に重要と判断されたものです。時間がないときはこういった記事を優先的に読んでみてください。

様々な記事の見出しがひと目で見られるのが、紙面形式の特徴です。身近な企業のニュースや話題の人物のインタビューなど、目当てでなくても目が止まる記事があれば、時間が許す限りお読みください。

朝刊・夕刊の紙媒体のほか、日経電子版でも紙面イメージがご覧いただけます。パソコン向けサイトの「朝刊・夕刊」コーナーや、スマホ・タブレットの「日本経済新聞 紙面ビューアー」アプリをご利用ください。

ただ読むのではなく「考える」

ニュースを何となく読むのではなく、「自分がこの会社の経営者だったら」「政策の責任者だったら」と、登場人物になりきって考えてみてください。自分に引き付けてみることが習慣になれば、ビジネスパーソンとして必要な「考える力」などが養われます。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

基礎から日経

ビジネススキル、資産形成、ニュース解説… 日経電子版で基礎から学ぶのにおすすめのコンテンツを集めました(随時更新)。フォローするとMyニュースで最新記事をチェックできます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン