/

この記事は会員限定です

米国株波乱、東京市場の受け止めは 専門家に聞く

[有料会員限定]

27日の米国株式市場ではダウ工業株30種平均が600㌦を超す下げで5日続落となるなど波乱の展開だった。東京市場ではどのように受け止められているか。金融資本市場の関係者に今後の見通しなども含めて聞いた。

日本株「決算発表で出尽くしの売り」

馬渕治好・ブーケ・ド・フルーレット代表

昨年11月以降の株価上昇のピッチが速かったことを考えると、27日の米国株の大幅下落に驚きはない。ワクチン普及や米経済対策へ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1063文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン