/

「G・エクスポネンシャル」、歴代3位の大型設定に

投信ランキング

日興アセットマネジメントが4月26日に運用を始めた投資信託「グローバル・エクスポネンシャル・イノベーション・ファンド」は、当初設定額で2860億円を集めた。今年最大かつ歴代でも3番目の大きさ。過去の大型設定ファンドと比べてみた。

歴代1位は「ノムラ日本株戦略ファンド」

歴代の大型設定ファンドを振り返ってみると、1位は2000年2月に設定した「ノムラ日本株戦略ファンド<愛称:Big Project-N>」で、当初設定額は7924億円。国内株式に投資するファンドで、同年5月には純資産総額(残高)が最大1兆1672億円まで膨らんだ。その後に勢いは失速し、今年4月26日時点の残高は530億円まで減っている。

2位は20年7月に運用を始め、3830億円を集めた「グローバルESGハイクオリティ成長株式ファンド(為替ヘッジなし)<愛称:未来の世界(ESG)>」。設定から9カ月でめきめきと残高を増やし、今年4月26日時点の残高は1兆円を超えている。日本を含む世界の株式のうち、競争優位性や成長力、ESG(環境・社会・企業統治)への取り組みで優れていると判断した企業に投資する。

イノベーション関連に投資、みずほが販売

歴代3位となった今回のファンドは、世界の株式のうち地球規模での社会課題解決に寄与すると期待されるイノベーション関連企業に投資する。21年1月末時点のモデル・ポートフォリオでは、自動運転を手掛ける米テスラや米決済サービスのスクエアなど73銘柄を組み入れる見込み。銘柄選定には、米運用会社アーク・インベストメント・マネジメント(アーク社)の調査力を活用する。

設定日までの申込期間はみずほ証券1社で販売し、4月26日からはみずほ銀行がインターネット専用で取り扱いを始めた。同じくみずほグループの販売力で1兆円ファンドに成長した「未来の世界(ESG)」のように、今後も資金流入が続くか注目だ。

(QUICK資産運用研究所 西本ゆき)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン