/

「お金の悩み、寄り添って解決」 東日本銀の鍋谷氏

投信販売の達人

投資信託の販売で着実に成績を伸ばす「達人」がいる。東日本銀行の鍋谷茉智子氏もその一人。東京・池袋エリアの個人取引担当として活躍し、地域の中小企業オーナーや個人事業主から厚い信頼を寄せられている。

――コロナ禍の顧客対応はどんな工夫をしましたか。

東日本銀行の鍋谷茉智子氏

「昨年のコロナ禍でも店舗は通常通り営業していました。ご来店されるお客様には応接室でソーシャルディスタンスを保ちながら個別にお話を伺うなど、感染対策を徹底して少しでも安心していただけるように心がけました」

「コロナショックで相場が急落したときには、資産運用をされているお客様が不安にならないよう、問い合わせが来る前にこちらから連絡しました。状況をきちんと理解してもらったことで、投資信託などを慌てて売却してしまうような動きは避けられ、むしろ買い増しする方が多かったです」

――投資行動に変化はありましたか。

「コロナ以降は、株式型の投資信託の問い合わせが増えましたね。以前は値動きが小さめのバランス型ファンドが人気でしたが、最近はリスクをそれなりに取って、テクノロジー関連の海外株式に投資するファンドなどへシフトするお客様が増えています」

――投信を販売するときに心がけていることは。

「特定の商品を前のめりで売り込むプッシュ型の営業はお客様本位とは言えません。まずはじっくりお客様の話を聞き、ニーズを引き出します。それから資産の状況やリスク許容度に応じて、タイプの異なる商品をいくつかご提案していくことで、必ずお客様に選んでいただくようにしています。時間をかけてお客様に寄り添い、資産運用を含めたお金の悩みをトータルで解決するのが私の営業スタイルだと思います」

――今後の目標を教えてください。

「あの人に聞けばなんでもわかる、と思ってもらえる金融のプロを目指したいです。そのためには資産運用だけでなく、事業継承や相続、不動産のことなど、どんな相談にでも対応できないといけません。今後も努力して幅広い知識を身につけていきたいと思います」

(QUICK資産運用研究所 竹川睦)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン