/

この記事は会員限定です

予想分配金提示型の盲点、分配は元本取り崩しもあり

投信観測所

[有料会員限定]

「予想分配金提示型」と呼ぶファンドが人気化している。代表格のファンドの純資産残高は最近1兆円を超えてきた。このタイプはファンド名に「予想分配金提示型」と付き、決算日前日の基準価格の水準に応じた分配金額をあらかじめ定め、基準価格が高くなるほど分配金が増えるのが通例だ。

ただ、予想分配金提示型でも「特別分配金(元本払戻金)」が支払われる場合がある。「予想分配金提示型だから分配金は運用益だけから支払われ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1757文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン