/

1月11~14日の新規設定ファンド

来週(1月11~14日)に予定されている国内公募投資信託の新規設定は3本。ニッセイアセットマネジメントは11日に2本のDC(確定拠出年金)向けファンドを設定する。「DCニッセイグローバルESGフォーカスファンド」は、日本を除く世界の株式を対象に、ESG(環境、社会、ガバナンス)に対する取り組みに優れ、持続的な企業価値の向上が期待される銘柄に投資する。

また、「DCニッセイターゲットデートファンド」シリーズに2065年をターゲットとする1本を追加。日本を含む世界各国の株式や不動産投資信託(REIT)、公社債、短期金融商品等に分散投資し、安定運用開始時期の2065年に向けて値動きの大きい株式等への配分を徐々に減らしていき、安定的な運用に切り替える。

13日には、ブラックロック・ジャパンが米国政府抵当金庫(ジニーメイ)による元利金の支払い保証が付されている政府系不動産担保証券(GNMA パススルー証券)を主要な投資対象とする「iシェアーズ 米国政府系機関 ジニーメイ MBS ETF(為替ヘッジあり)」を設定する。

(QUICK資産運用研究所 小山乃正)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン