/

この記事は会員限定です

隠れコストを含む「総経費率」は運用報告書で開示

投信観測所

[有料会員限定]

信託報酬は投資信託の運用でどのくらいのコストがかかるかを示す数値だが、実際の運用では信託報酬以外にもコストがかかる。投資証券の海外での保管、監査法人への支払い、組み入れ銘柄の売買執行や信用取引などにかかわる費用だ。実績報酬(成功報酬)が加わるケースもある。本当の保有コストはこれらの費用を含めた「総経費率」を見なければ分からない。

信託報酬以外のコストの多くはあらかじめ明示することができず、実際に運...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2137文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン