/

この記事は会員限定です

ナローパスの指し値オペ 「円安批判を回避」の見方

[有料会員限定]

日銀は25日も金利抑制策である「指し値オペ」を通知しなかった。先手先手で打てば金利抑制姿勢が際立つ一方、通知が遅れて長期国債を大量に買うことになってしまえば大規模な量的緩和を印象付けることになる。いずれも円安を加速させかねない。資源高の環境下での円安進行には国民の懸念が強まり、夏の参院選前に金融政策の正常化を求める声につながるおそれがある。緩和政策を継続するため、目下はなるべく円売りに弾みをつけ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1118文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン