/

この記事は会員限定です

24年ぶり円買い介入 市場関係者の見方

「日銀緩和維持後の円安を警戒」「基調転換には力不足」

(更新) [有料会員限定]

日本政府・日銀は22日、およそ24年ぶりとなる円買い・ドル売りの為替介入に踏み切った。外国為替市場では積み上がった円売り・ドル買いの持ち高を解消する市場参加者が増え、円相場は一時1ドル=140円台まで急上昇した。当局の介入の狙いや今後の相場展開について、日米の外為・債券市場の関係者に聞いた。

日銀の緩和維持で円安加速を警戒か

後藤祐二朗・野村証券チーフ為替ストラテジスト

政府・日銀が円買い・ドル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2309文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン