/

この記事は会員限定です

「原発攻撃」に崩れたユーロ チェルノブイリ想起

[有料会員限定]

ロシアがウクライナの原子力発電所を砲撃したとの衝撃的な一報を受け、4日の外国為替市場ではユーロ相場が急落した。チェルノブイリ原発事故の恐怖の記憶を呼び起こすロシアの暴挙に、ユーロ圏を取り巻く地政学リスクへの警戒感が一気に高まり、ユーロ売りが加速した。他方、逃避先の通貨とされるスイスフランなどには買いが集まり、投資家のリスク回避姿勢が鮮明となった。

ディーリングルームに走る緊張

4日午前の東京外為...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1387文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン