/

この記事は会員限定です

ついに20年ぶり円安、当時と共通する「日米格差」

[有料会員限定]

13日午後の東京外国為替市場で円相場は1ドル=126円22銭近辺まで下落し、2002年5月以来およそ20年ぶりの安値を付けた。安倍晋三元首相が進めた経済政策「アベノミクス」下の15年6月の安値を下回った。日米金利差の拡大観測と日本の貿易赤字が定着するとの思惑が共鳴し、投機的な円売り・ドル買いを加速させている。

巨大な「日米格差」、02年との共通点

円相場は重要な節目とされていた15年の安値(6...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1764文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン