/

この記事は会員限定です

黒田総裁、好循環へ期待にじむ 任期にらみ出口も意識?

[有料会員限定]

日銀の黒田東彦総裁が、賃金と物価の「好循環」に期待感をにじませる場面が増えている。14日の名古屋市での金融経済懇談会では、来年の春季労使交渉における賃上げ率の高まりを予想した。経済物価の下振れだけでなく、上振れリスクにも備える姿勢も示している。金融緩和を粘り強く続けると強調していた従来に比べ、トーンは微妙に変わりつつある印象だ。

「労働需給引き締まる」「物価上昇も賃金に反映へ」

日銀は物価目標...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1208文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません