/

この記事は会員限定です

米石油増産に影 「待機井戸」7年5カ月ぶり低水準

[有料会員限定]

米国の石油増産に影がかかっている。これまで増産をけん引してきた、低コストで原油を生産できる掘削済みの待機井戸の数が減少し、7年5カ月ぶりの低水準となっている。脱炭素の流れが鮮明になる中で、それに逆らう投資も難しい。原油需要が回復する中で米国の生産鈍化が原油価格の上昇リスクになりそうだ。

油井の在庫、1年で4割減

国際エネルギー機関(IEA)が2021年12月に発表した月報によると、22年の米国の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り914文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン