アジア株にダブルパンチ アップル増産断念と米金利高 - 日本経済新聞
/

この記事は会員限定です

アジア株にダブルパンチ アップル増産断念と米金利高

台湾・韓国は安値更新

[有料会員限定]

【NQN香港=須永太一朗】28日のアジア株相場の下げが目立っている。米アップルがスマートフォン最新機種「iPhone14」の増産計画を断念するとの報道に加え、米国金利の上昇も加わりダブルパンチとなっている。アップル取引先のハイテク企業の存在感が大きい台湾と韓国の主要株価指数はそろって2020年以来の安値を更新した。

台湾の加権指数は前日比2.6%下げ、20年11月中旬以来の安値に沈んだ。韓国総合...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り684文字

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません