/

この記事は会員限定です

つかの間のプラス浮上 国内居住者の宿泊数、19年比

[有料会員限定]

ホテルや旅館の宿泊者数は昨年12月、国内居住者に限ると2019年の同月比が新型コロナウイルスの感染拡大で落ち込んだ20年3月以降で初めてプラスに浮上した。昨年末にかけて経済再開が進んだためだが、年明け以降は感染者が再び急増している。宿泊者数がコロナ禍前の19年比でプラスに浮上したのはつかの間となりそうだ。

観光庁が31日に発表した昨年12月の宿泊旅行統計調査(速報)によると「国内に住所を持つ人」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り774文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン