/

この記事は会員限定です

FOMC後の乱高下 米株市場関係者の見通しは

[有料会員限定]

22年ぶりとなる0.5%の大幅な利上げと保有資産の圧縮を決めた米連邦公開市場委員会(FOMC)を受け、金融資本市場が揺れている。米ダウ工業株30種平均は4日に932ドル高と今年最大の上昇を記録したものの、翌5日は一転して1063ドル安となり、4日の上げを帳消しにした。乱高下の背景と米連邦準備理事会(FRB)の金融政策の先行きを米株式市場の関係者はどうみているのか、聞いた。

「FRBは景気に救いの手差し伸べず」

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2088文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン