/

この記事は会員限定です

息切れする景気回復 政府が谷を認定、気になる次の山

[有料会員限定]

政府は30日、2018年11月からの景気後退が20年5月に終わったとの判断を示した。20年6月に景気拡張期に入ったことになるが、回復はまだ続いているのだろうか。民間エコノミストの間では景気は拡張中との見方が大勢だが、息切れ気味ではある。景気が次のピークである「山」を付けるのは案外早いかもしれない。

景気の次の山「すでに今年中ごろ付けた可能性」

内閣府は専門家による景気動向指数研究会での議論をへ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1380文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン