/

この記事は会員限定です

東証再編、独走の禍根 「企業統治劣化の恐れも」

日経QUICKニュース(NQN)編集委員 永井洋一

[有料会員限定]

投資を通じた個人の資産形成の重要性が高まるなかで、いま改めて考えるべきことがある。東京証券取引所だけでは解決できない日本の株式市場が抱える課題の多さとその異質さだ。東証再編がマネーの呼び込みや投資の活性化につながるかどうかは、眼前にそびえる難題を解決できるかどうかにかかっている。

ガバナンス基準の是非

「下手をするとコーポレートガバナンスの劣化をもたらしかねない」。早稲田大学の上村達男名誉教授...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1478文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン