/

この記事は会員限定です

進む「収益重視」 アリババ、テンセントが人員削減

中国テック大手の4~6月期

[有料会員限定]

中国ハイテク大手の2022年4~6月期決算が出そろった。上海市などで実施された都市封鎖(ロックダウン)措置の影響で、2大巨頭のアリババ集団と騰訊控股(テンセント)がいずれも上場来初の減収となった。テック大手各社は積極投資で事業領域を広げる従来の路線を相次いで軌道修正し、収益性重視の方針にカジを切っている。

アリババCEO「自身の改善に集中」

「地政学や新型コロナウイルスの感染の再拡大、中国当局の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1825文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません