/

この記事は会員限定です

海運株に買い 火付け役は商船三井、含み損の解消に一歩

[有料会員限定]

31日午後の東京株式市場で海運株が急騰した。12時に商船三井が2022年3月期(今期)の業績予想を上方修正し、年間配当も上積みすると発表した。日本郵船川崎汽船と共同出資するコンテナ船事業の旺盛な輸送需要が継続し、好感した買いが集中した。

「再び海運祭りになる」(国内証券のトレーダー)。31日の後場には商船三井が一時前日比11.3%高、郵船が8.1%高、川崎汽が9.5%高と大手海運株は軒並み大幅...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り818文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン