/

この記事は会員限定です

大選別時代の仮想通貨 カギ握るメタバース、SDGs

短期売買から中長期投資へ

[有料会員限定]

暗号資産(仮想通貨)の勝ち負けが今後、一層明確になりそうだ。ビットコインなど、投機的な取引が繰り返されてきた通貨の存在感が低下する一方、実需に裏打ちされた新興の通貨への注目度が上がっている。仮想世界「メタバース」の拡大、世界で広がる規制の動向もにらみながら、シンガポールで仮想通貨の新たな動きが広がっている。

ビットコイン急落、通貨の違い再認識

「売値と買値の価格差が異常に開いていた。売り注文が買...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2589文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン