/

この記事は会員限定です

半導体、在庫調整は長期化か 株価のカギ握るFRB

どう読む米半導体株㊤

[有料会員限定]

【NQNニューヨーク=古江敦子】世界の半導体市況が在庫調整局面に入っている。インフレの高止まりや世界経済の減速の中で、需給改善には過去の調整局面より時間がかかるとの見方が出ている。もっとも、市況悪化を見越して年初から下げてきた米半導体株は夏場以降は急ピッチで戻した。一段と上値を追う展開になるには景気回復の追い風が必要になる。

米大手が相次ぎ業績下方修正

米半導体大手の業績下振れの発表が相次いでい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1207文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン