/

この記事は会員限定です

インフレ率「4月には2%も」第一生命経研の新家氏

[有料会員限定]

日本でもインフレ圧力が高まりつつある。第一生命経済研究所の主席エコノミスト、新家義貴氏は消費者物価指数(CPI)の前年比上昇率について「4月に(日銀が目標とする)2%まで到達するかもしれない」とみる。2022年の景気については「正常化へ向かって回復が続く」と予想する新家氏だが、新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」の感染拡大などで「不透明感は極めて強い」と身構える。

電気・ガス代は遅れて上昇する

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1955文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン