/

この記事は会員限定です

日銀気候変動オペ、整う「グリーニアム」の素地

利用額は2兆円に

[有料会員限定]

ESG(環境・社会・企業統治)債の需要が一段と高まりそうだ。日銀は初めて実施した気候変動関連のオペ(公開市場操作)で金融機関に2兆円の資金を供給した。初回から市場の想定を超えた利用実績となり、グリーンボンド(環境債)の価格にプレミアム(上乗せ)がついて割高になる「グリーニアム」が国内でも初めて観測される素地は整いつつあるようだ。

日銀が23日実施した脱炭素につながる金融機関の投融資を後押しする「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1208文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン