/

この記事は会員限定です

国交省書き換え GDPへの影響、カギは建設総合統計

[有料会員限定]

国土交通省が書き換えていた「建設工事受注動態統計」。この統計をもとにした「建設総合統計」が、国内総生産(GDP)の基礎統計の1つになっている。国の最重要統計であるGDPの再推計が必要になるとすれば、カギを握るのは建設総合統計だ。GDPへの影響については軽微との見方がある。

GDPとの関係

国交省の建設総合統計は、ある月の土木や建築工事の出来高を算出している。GDPの年次推計では建設総合統計にお...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1554文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン