/

この記事は会員限定です

農業関連株、タマネギ高騰の影で熱視線 海外で販売増

農薬のOATアグリオ、株価2倍に

[有料会員限定]

「タマネギ1玉158円」――今月に入って都内のスーパーで見かけた価格だ。世界各地で深刻化するインフレは日々の食卓にも影響を及ぼし始めている。農産物の安定生産の重要性が身にしみて意識されるなか、株式市場では農業関連に熱視線が注がれている。

タマネギ高騰でカレーもピンチ

タマネギは少し前は1玉50円しないこともあった価格優等生のはずだった。それが北海道など産地の天候不良で出荷量が激減した。外国産のタ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1083文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン