/

この記事は会員限定です

メタバースが呼ぶ「非中央集権」経済 ICO復権の予兆

[有料会員限定]

【NQNシンガポール=秋山文人】2022年に入り、暗号資産(仮想通貨)を巡って個人レベルの活動がより活発になる可能性がある。これまで投機的な側面で描かれることが多かったが、今後は仮想空間「メタバース」など、様々な場面での決済手段としての実用性が問われてくる。仮想通貨が持つ性質の1つである「非中央集権」がこれからの経済のあり方を変えうる重要な考え方になってくる。

DAOが多額の資金調達

21年11月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1368文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン