/

この記事は会員限定です

ウクライナ緊迫、市場どうなる 関係者に見通しを聞く

[有料会員限定]

14日午前の東京株式市場で日経平均株価は大幅反落し、節目の2万7000円を割り込んだ。前営業日からの下げ幅は一時700円を超えた。ウクライナ情勢の緊迫や米金融引き締めへの警戒感から投資家が株式の持ち高を減らす動きが優勢だ。一方、ロシアからの天然ガスの供給途絶懸念を背景に、原油先物価格は高騰している。株式のほか為替、債券、原油の各市場の関係者に見通しを聞いた。

【株式】

インフレ加速なら景気に逆風

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1807文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン