/

この記事は会員限定です

「目印」失った米国債、株バブルを襲う津波

日経QUICKニュース(NQN)編集委員 永井洋一

[有料会員限定]

世界最強の安全資産としてグローバルマネーを集めてきた米国債だが、歴史的なインフレで「目印」を失い、価格の急落(金利は急上昇)が続いている。金融商品全般の基準となる米国債の波乱は、米国を中心とする株式バブルを襲う津波となりかねない。

なぜ、米長期金利の上昇は止まらないのか。答えの一つを探るには時計の針を4カ月前に戻す必要がある。

パウエル氏がまいた予見不能性の芽

「中立金利は非常に不確実。政策金...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1236文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン