/

この記事は会員限定です

米ドキュサイン株の教訓 新興DX、揺れる成長神話

日経QUICKニュース(NQN) 編集委員 永井洋一

[有料会員限定]

先週3日、米ナスダック市場上場の電子署名サービス、米ドキュサイン株が暴落し、米株式への関心が高い日本の投資家の間で話題となった。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長がタカ派(利上げ前向き派)への転向を見せるなか、上場して数年という新興デジタルトランスフォーメーション(DX)関連企業の財務不安という課題が浮かび上がった。

「借金で成長」は曲がり角か

3日のドキュサインは前の日比98.73ドル安...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1389文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン