/

この記事は会員限定です

緊迫ウクライナ、市場への影響は 関係者に聞く

[有料会員限定]

ウクライナ情勢の緊迫を受け、国際金融・資本市場が揺れている。ロシアのプーチン大統領がウクライナ東部の親ロシア派武装勢力が実効支配する一部地域の独立を承認し、軍の派遣を決めた。バイデン米政権は経済制裁の発動を表明しており、米欧とロシアの対立激化が世界経済の波乱要因になると警戒されている。株式、原油、為替、債券の各相場への影響と見通しを市場関係者に聞いた。

【株式】

米欧ロの交渉難航を警戒 安値圏では買い

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1505文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン