/

この記事は会員限定です

「食料保護主義」一段と 砂糖に鶏肉、広がる輸出制限

[有料会員限定]

【NQNシンガポール=秋山文人】国内の物価高に対応するため、食料品の輸出を規制して国内供給を優先する施策が各国で広がっている。輸入に頼る国を中心に需給を逼迫させ、世界のインフレをより加速させかねない「食料保護主義(food protectionism)」は、世界の政策当局者が議論しなければならないトップアジェンダといえる。

「インド政府が6年ぶりに砂糖の輸出制限を検討している」。ロイター通信が2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1126文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン