/

この記事は会員限定です

米国の逆イールド懸念が促す国内債選好

[有料会員限定]

米金利の上昇基調が続いている。供給制約が引き起こすインフレに対応するため、米連邦準備理事会(FRB)が金融引き締めを急ぐとの観測が高まっているからだ。想定外の利上げを迫られるシナリオを債券相場が織り込めば、長短金利が逆転する「逆イールド」が発生するとの声も出始めた。国内投資家を中心に米国債を敬遠する動きが強まり、相対的に買い安心感がある国内債を選好するムードが高まるかもしれない。

米利上げ予測加速、景気には不透明感

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1371文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン