/

この記事は会員限定です

円相場、40年目の大転換 揺らぐ「一物一価」の世界

日経QUICKニュース(NQN)編集委員 永井洋一

[有料会員限定]

1ドル=136円台と約24年ぶりの水準に下落した円相場。その長期トレンドが歴史的な転換点を迎えている。今月、30年移動平均が2010年以降で初めて円安・ドル高に転じる。戦争や疫病、格差拡大に伴うグローバル化の見直しで相場形成のメカニズムが変質しつつあることも、長期的な円安を促す。

1980年に資本取引が原則自由化されてから40年余。この間、日銀によれば円の直物取引(月中平均)は82年10月の1ド...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1368文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン