/

この記事は会員限定です

円、高まる変動率 オミクロン型が突いたHFTの油断

NQNシンガポール 編集委員 今晶

[有料会員限定]

外国為替相場の変動率がにわかに高まっている。24日に1ドル=115円52銭と4年10カ月ぶりの安値をつけた円相場が26日に急旋回し、一時は112円台をうかがう水準まで上昇するなど激しく振れた。南アフリカなどで見つかった新型コロナウイルスの「オミクロン型」を巡るニュースにコンピューター勢がまだうまく対応できず、混乱をきたしているからだ。

コンピューターは不測の事態に弱い。しかも新型コロナの変異を巡っ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り682文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン