/

この記事は会員限定です

原油急騰「150ドル視野」 株急落「2万2000円台も」

専門家の見方

[有料会員限定]

ウクライナ危機が長引くなか、侵攻したロシアからの原油輸入の禁止を欧米が検討していると明らかになり、日本時間で週明けの7日の取引において原油の国際価格が急騰した。ニューヨークの先物価格は一気に1バレル130ドルまで買われた。原油高がコストプッシュ型のインフレを招き企業収益に悪影響を及ぼすとの見方から7日の日経平均株価は急落した。今後の見通しなどを専門家に聞いた。

「原油1バレル150ドルまで視野に」

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1543文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン