/

この記事は会員限定です

株安新局面、成長に限界 中国リスク再燃・インドに失望

日経QUICKニュース(NQN)編集委員 永井洋一

[有料会員限定]

グローバル投資家の警戒対象は金利から企業業績へとシフトし、米株式市場の「弱気相場」は新たな局面に突入した。18日の米ダウ工業株30種平均が1100ドル以上急落した背景には、成長フロンティアの限界に対する投資家の不安の高まりがある。

小米(シャオミ)など中国スマートフォン大手3社の出荷削減観測が米国投資家の弱気心理を増幅し、米アップルは5%以上下落した。上海市のロックダウン(都市封鎖)によるサプラ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り753文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン