/

この記事は会員限定です

為替介入の金庫「外為特会」 外貨準備の元手は国の借金

[有料会員限定]

財務省による為替介入の「金庫」となっているのが、国の「外国為替資金特別会計」(外為特会)だ。今年9月以降のような円買い介入なら、この特別会計における外貨建て資産「外貨準備」から外貨を売る。会計の「借方」で資産として保有する外貨準備を購入するための資金をどうやって調達したのかという「貸方」(負債)には、多くの政府短期証券(FB)が積み上がる。つまり、外貨準備の元手はFBという国の借金だ。

財務省が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1037文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません