/

この記事は会員限定です

原油、備蓄放出は焼け石に水か 一段高誘発のリスクも

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

政府が検討と伝わる国家備蓄の放出が、原油価格を抑える効果は限定的かもしれない。米国の呼びかけに応じた格好だが、備蓄の放出は産油国の増産意欲を削ってむしろ価格の一段の上昇につながるとの見方もある。極めて異例の対応は結局、焼け石に水となりかねないリスクをはらむ。

「戦略備蓄のパラドックス」

ニューヨーク先物市場のWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)原油(期近)は日本時間22日早朝の取引...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1399文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン