/

この記事は会員限定です

「バブルは必然化し流転、株高持続」慶大・櫻川教授

低金利の経済学を聞く

[有料会員限定]

米連邦準備理事会(FRB)が金融引き締めに転じる2022年、投資家にとって最大の関心事は米株を中心とする資産バブルが持続するかどうかだ。日本のバブル経済研究の第一人者で、低金利下におけるバブル経済のメカニズムを、歴史的観点を踏まえ理論的に解明した慶応大学の櫻川昌哉教授は「金利が経済成長率を下回る限り、バブルは必然化する」と説く。(聞き手は日経QUICKニュース編集委員 永井洋一)

なぜバブルは発生し、持続するのか

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1624文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン