/

この記事は会員限定です

「みえた日本復活の糸口」ピーター・タスカ氏

円安ニッポン、外国人こうみる

[有料会員限定]

円安が物価高を増幅し、個人消費や企業活動を冷やす「悪い円安論」や「悪いインフレ論」が広がる。こうした国内の懸念を知日派の外国人市場関係者はどうみるか。1980年代から日本経済の分析を続けてきたストラテジスト、ピーター・タスカ氏(アーカス・リサーチ代表)に聞いた。タスカ氏は97年のベストセラー「不機嫌な時代―JAPAN2020」の著者で、90年代初めにいち早く日本のデフレ局面入りの可能性を指摘し名...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1078文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン