/

この記事は会員限定です

「ひとりの時間」は誰にとっても開かれたもの

シングルの選択②

(更新) [有料会員限定]

ひとり行動が「ぼっち」と話題になったのはもはや過去のこと。今や飲食店やホテルなど街中には「おひとりさま」を対象にしたサービスがあふれ、「ソロ活」なる言葉も飛び出した。シングルが増えるなか、今の日本社会は老若男女、誰もがひとりでも過ごしやすい仕組みになっているのだろうか。関係者の証言からは課題も見え隠れする。

「ひとりで過ごすことが好き」は我慢しなくてよい

動物園に、プラネタリウム。リムジンでのパ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3333文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

シングルの選択

シングルが増えている。高齢化による配偶者との死別や離婚、結婚しない選択をする人も多くなり、統計ではシングル世帯が4割に迫る。一方、社会の最小単位は家族が前提となっており、生きづらさや暮らしにくさを抱える人も。声を大きく出しづらいシングルの声から、多様性のある社会を考える。(この連載はプロローグ、本編4回で構成します)

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン