/

この記事は会員限定です

パナソニック、グリーン変革で停滞抜け出すか

CTO30会議(29)

[有料会員限定]
日経BP総研

パナソニックの売上高は30年近く停滞を続けている。個々にみれば携帯電話やデジタル家電、電気自動車(EV)向け電池など、ある時期売れ行きが好調な商品はあったが、会社全体は大きな成長軌道に乗ることができていない。それは高度経済成長期の加工貿易産業から本質的に抜け切れていないからだ。

今後は、デジタルトランスフォーメーション(DX)とグリーントランスフォーメーション(GX)をキーワードにして、新しい時代の新しい価値...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2826文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン