/

この記事は会員限定です

住宅で省エネ説明義務、4月から 脱炭素へ規制加速

[有料会員限定]
日経BP総研

今、住宅業界が大きく揺れている。4月から家づくりのルールが変わり、小規模な住宅などを対象に省エネに関する「説明義務制度」が始まったからだ。

住宅には省エネルギー基準が設けられている。ただ規制はそれほど厳しくなく、これまでは基準をあまり意識せず住宅を建てられた。4月1日以降は「基準に適合しているか」「基準に適合しない場合はどうすれば適合できるか」を、建築士が建築主(施主)に説明しなくてはならなくなっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1932文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン