/

この記事は会員限定です

ソフト版トヨタ生産方式 クルマに広がるDevOps

[有料会員限定]
日経クロステック

自動車メーカーが「DevOps(デブオプス)」と呼ばれるソフトウエア開発手法に力を入れている。「トヨタ生産方式のソフト版」ともいえる取り組みで、「ソフト工場」などとも呼ばれる。IT(情報技術)分野で実績のある効率的なソフト開発手法を取り入れることで「CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)」への対応力を高める。

「ソフトウエアファーストのものづくりに転換する」――。トヨタ自動車社長の豊田章男氏...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3848文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン