/

この記事は会員限定です

東急、自動運転バスの実証実験 遠隔監視・操縦も

[有料会員限定]
日経クロストレンド

東急は2020年12月17日から25日まで、名古屋大学やソリトンシステムズなどと共同で遠隔型自動運転モビリティーの実証実験を行った。人気観光地である伊豆を舞台とした自動運転および遠隔操縦は、どのくらいの完成度まで来ているのか。現地で体験した。

自動運転時代に向けて必要な技術の一つが、遠隔監視や遠隔操縦だ。道路上で起こるあらゆる事態に対応可能な完全自動運転が実現するのはまだ先の話。それまでは車両を人間が監視し、万が一...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2677文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン