/

この記事は会員限定です

マイクロソフト、行政向けクラウド急拡大 新たな課題

[有料会員限定]
日経クロステック

新型コロナウイルス禍のさなか、政府や自治体で米マイクロソフトのクラウドサービス「Azure(アジュール)」やコミュニケーションツール「Teams(チームズ)」などの導入が急拡大している。例えば厚生労働省はAzureを「新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理支援システム(HER-SYS)」や接触確認アプリ「COCOA(ココア)」の開発・運用に採用している。

さらにHER-SYSの運用においては、厚...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2159文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン