/

スカイツリー生んだ東武鉄道、百年の計「終始一誠意」

東京スカイツリーと鐘ケ淵駅付近を走る東武鉄道の列車
日経ビジネス電子版

東京と北関東を結ぶ東武鉄道。その歴史をたどると、明治から令和まで1世紀を超える根津家3代の軌跡が浮かび上がる。祖父から孫まで引き継がれた言葉は「終始一誠意」である。

冬の曇天を突き抜けてそびえる東京スカイツリー(東京・墨田)。新型コロナウイルス感染拡大でインバウンド(訪日外国人)、国内観光需要が大打撃を受け、2度目の緊急事態宣言直後の1月中旬、スカイツリーの周辺に観光客の姿はまばらだった。

東武鉄道の根津嘉澄社長は「(客足が)戻るには時間がかかるだろう。それまでに自動運転やデジタルトランスフォーメーション(DX)など今後の鉄道、サービス事業の発展に必須となる技術を磨く」と巻き返しを誓う。スカイツリーを建設したのが嘉澄社長。1999年から今に至るまで東武のトップを張る。

スカイツリーで日本一の高さから東京の景観を一望した後、東武鉄道が止まる最寄り駅から特急に乗れば100分ちょっとで関東屈指の観光地である日光まで足を延ばせる。東京から北関東まで走る東武鉄道のレールを敷いたのが、嘉澄社長の祖父である根津嘉一郎氏だ。東武の大株主だった嘉一郎氏は当時の東武首脳に経営参画を頼まれ、1905年に社長に就いた。

利根川に架かる橋梁を渡る東武鉄道の列車

東武の悲願、利根川を越えた男

「前途は路線延長にある。利根川に橋梁をかけようじゃないか」。就任してすぐ経費削減に取り組んだ根津嘉一郎氏は積極策に出た。会議では役員たちが「時期尚早だ」と慎重姿勢を崩さない。しかし、東武の悲願だった利根川越えを果たそうと、嘉一郎氏は役員たちの説得に力を尽くした。

そもそも東武鉄道は、江戸と北関東を結んで物資を流通させるために設立された。このルートは利根川を使った船便が主な物流手段だったが、鉄道を通せば安く大量に物資が運べるはずだった。しかし、路線は現在の埼玉県羽生市まで、つまり利根川の手前で止まってしまっていた。利根川に橋を架けるのは莫大な資金がかかる。資金難に悩まされていた東武にとって、その大事業はいちかばちかの賭けになった。

群馬から栃木にまたがる両毛地域は穀倉地帯が広がり、さらに足利より先では養蚕、製糸紙産業も栄えていた。将来性があるとにらんだ嘉一郎氏は、1906年に資金調達に踏み切って橋梁建設に挑んだ。「初代さんは、利根川に橋を架ければ運ぶ荷物があると確信していたのだろう。貨客が増えた結果、東武鉄道の業績は立ち直った。勇気ある決断で、今の東武、そして私があるのは初代さんのおかげだ」。嘉澄社長は尊敬の念を隠さない。

初代の根津嘉一郎氏は利根川に橋をかけ日光に進出し、今の東武の源流を作った

もう一つの功績が、日光への進出だ。時代は昭和へと移り、大都市圏の東京の観光地として奥日光や鬼怒川温泉の開発が検討されて交通網の整備も必要となった。「客が日帰りすれば日光は衰退する」。1929年に日光線が開業すると当初は日光東照宮をはじめ地元から反発された。旅館産業に閑古鳥が鳴くのではないか。そう危惧する地元に対して嘉一郎氏は「私が鉄道を敷いた以上、2倍、3倍のお客を持ってきます」と理解を求めた。

この地元の心配は杞憂(きゆう)に終わることになる。嘉一郎氏の読み通り、利便性が増したことで東京からの観光需要を取り込み、東武は貨物だけでなく旅客輸送収入も大きく伸びた。

1000万単位の観光需要を呼び込んだ東京スカイツリー

こうした嘉一郎氏の開拓者精神を引き継いだ事業が、嘉澄社長が挑んだ東京スカイツリーの建設だ。東京タワーに代わる超高層の新電波塔という未知数の難事業だけに、内部にも外部にも慎重意見は多かった。しかし、「東武は観光事業で路線を持たせている」。そう考える嘉澄社長は、沿線の魅力を高めるために「何千万と人を吸引できる大きな観光地が必要」と意志を貫いた。

2012年の開業後は周辺にある商業施設を合わせると、多い年で年間5000万人の来場者を呼び込んだ。水族館やプラネタリウムなど施設の充実を図り、国内最大級の集客力を誇る一大観光地に育てた。

根津嘉澄社長は祖父が残した教え「終始一誠意」を胸に秘める(写真:加藤康)

初代の嘉一郎氏が「攻めの先達」とすれば、嘉澄社長に守りの重要性を伝えたのが、嘉澄社長の父で2代目の根津嘉一郎氏ではないだろうか。

スカイツリー近くの東武鉄道本社。その社長室の壁に、初代の嘉一郎氏が筆を執った「終始一誠意」の額が飾られている。嘉一郎氏の自著には「成功の秘訣は『誠意と努力』以外にない」とある。始めから終わりまで投げ出さず、一生懸命に真心をもって人やことに向き合いなさい、こうした意味が込められている。

「終始一誠意を体現したような実直な人柄で、東武の信用を築いてくれた」。嘉澄社長は2代目の嘉一郎氏にこう感謝する。初代嘉一郎氏の長男、藤太郎氏は初代の死去から1年半後の1941年、27歳の若さで東武鉄道の社長に就いた。同年に2代目の嘉一郎を襲名。同じ年に太平洋戦争が勃発し会社は戦禍に見舞われた。

戦時統制経済の中、輸送力強化を求める軍に応じて新路線を建設するため、収益源の日光線のレールをはがして建設資材に回したという。「父に経営の話を聞いたことはほとんどない。だが戦中、戦後の経営がいかに大変だったかは聞かずとも分かる。資材はもちろんないし、電車はやっと走っているような状況だった」

1955年、長期事業計画を説明する2代目根津嘉一郎氏

「質実剛健」、東武を守って発展させた2代目

戦後の厳しい復興をけん引した2代目の嘉一郎氏は、「質実剛健の東武」というイメージを定着させた。社会の信用を得られたのは「誰に対しても腰が低く、丁寧な態度で接した人柄によるところが大きかったのではないか」(嘉澄社長)。そして手堅い経営手腕で信用を集めた。

「鉄道をサービス業にすべく、百年の大計を編もう」。復興から高度経済成長への転換期にあった1950年代半ばにはこう宣言し、貨物列車の電線化、人口増加に対応した輸送基盤の整備などの長期事業計画を練り上げ、公益事業の使命を果たそうとした。94年に会長に就くまで、社長在任期間は約53年と半世紀を超えた。当時から異例の長期安定政権として知られた。

嘉澄社長も1999年に社長に就くやいなや、肩も温まらないうちにその守備力を試された。日本経済はバブル経済崩壊の後遺症にあえぎ、東武鉄道も多角化経営をしていた分、無傷ではいられなかった。

「東武グループも、いつつぶれてもおかしくないとさえ思った」。そう振り返る嘉澄社長は土地の含み損処理、負債削減、レジャー事業立て直し、子会社処理など負の遺産の後始末に追われた。「正直に言うと、初代、2代目ならどうするか、なんて考える余裕はなかった。ただただ赤字の事業をなくそうと精いっぱいだった」

初代社長である祖父、中興の祖の父。2人の嘉一郎氏は存在せず、経営判断を下して責任を負うのは自分しかいない。そうしたさなかでも嘉澄社長の意思決定の根幹に流れていたのは2人の嘉一郎氏が激動の人生から伝えた「終始一誠意」の精神。東武鉄道を立て直して復活させる、その一心だった。嘉澄社長がひた走るレールの軌跡は、遠い過去からつながっていたのである。

(日経ビジネス 岡田達也)

[日経ビジネス電子版 2021年1月25日の記事を再構成]

日経ビジネス電子版セット

週刊経済誌「日経ビジネス」の記事がスマートフォン、タブレット、パソコンで利用できます。雑誌発行日の前週の水曜日から順次記事を公開。日経電子版とセットで月額650円OFFです。

お申し込みはこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ビジネス

企業経営・経済・社会の「今」を深掘りし、時代の一歩先を見通す「日経ビジネス電子版」より、厳選記事をピックアップしてお届けする。月曜日から金曜日まで平日の毎日配信。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン