/

東京システムハウス、COBOL移行をローコードで支援

日経クロステック

システム開発の東京システムハウス(東京・品川)は24日、企業システムのレガシーマイグレーション(移行)を少ないプログラミング作業で済むローコード開発で支援するサービスを発表した。「レガシー to Wagby 支援サービス」の名称で3月1日から開始する。システム更改時に必要な現行資産の解析やローコード開発に必要なリポジトリー(ソースコードの格納庫)の設定、かつて主流だったCOBOL(コボル)で書かれたプログラム資産のオープン系のJava(ジャバ)プログラムへの移行などを支援する。

レガシー to Wagby 支援サービスのイメージ(出所:東京システムハウス)

同サービスは東京システムハウスと日立製作所、ジャスミンソフト(沖縄県宜野湾市)の3社が提供するサービスを組み合わせる。具体的には、東京システムハウスのレガシーマイグレーションサービスである「メインフレーム・マイグレーション・サービス(MMS)」と、ジャスミンソフトのローコード開発プラットフォーム「Wagby」、日立製作所の現行資産を可視化するサービス「Application Lifecycle Managementサービス(ALMサービス)」および「アジャイル開発コンサルティングサービス」である。

レガシー to Wagby 支援サービスには(1)現行資産解析(2)アジャイル開発導入支援(3)COBOL-Java移行支援――の3つのメニューがある。(1)は日立のALMサービスと東京システムハウスのMMSを連携して、レガシーシステムの資産を解析し、プログラム資産を棚卸ししたり、プログラムの仕様を可視化したりする。

(2)は日立のアジャイル開発コンサルティングサービスを活用するものだ。日立の技術者がアジャイル開発の導入から定着までを支援する。(3)は現行資産の業務ロジックをWagbyで再利用するため、COBOL資産をJavaにリライトするオープンソースソフトウエア「opensource COBOL 4J」のテクニカルサポートを提供する。

(日経クロステック/日経NETWORK 安藤正芳)

[日経クロステック 2021年2月24日掲載]

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン